晋太郎作品に寄せられたイラストたち その30+α

こんにちは、晋太郎です。ファッキン梅雨!
ですが、小説の作業をするには丁度良い季節なのかもなーとも感じますね。次は放置状態だった『門前三兄弟』をリリースすべく、目下チマチマと推敲をしております。2年前に書き上がった作品ですし、その間あまりにも色んなことがありましたし、まあ、何というか弱気になったりもするのですが、皆さんのエール(マシュマロもありがとうございます!)に励まされております。次に進むために必要なステップのひとつだと思っているので、ガンバルトー!

ということで、本日も頂戴したイラストをご紹介させてください!

まずはポロさんによる『フィッシュ・イン・ザ・シー』のイラストから。
ポロさんから頂いたイラストは僕にとって特別なものが多いのですが、これは特別中の特別という感じになってしまいました。それが何故なのかというと、上手く言語化ができず……。『ライク・ア・デイドリーム』のイラストを頂いたときにも「うわあ、この1枚に全てが詰まってるなあ」と感じたりしたのですが、今回の1枚は作品のイメージを丸ごと汲んでいただけているうえに、僕のイメージを超えるものすらあるというか。
『フィッシュ〜』は自分が何を書いているのか、誰に向けて書いているのかもわからんというところがあって、「醜いものを書いている」という感覚がとにかく強かったのです。それをこういった、ストーリーを喚起する構図の、極めて心象的な、そして何より "美しい" 1枚で見せられた衝撃というか、静かな感動というか……。適切に言語化できないって小説書きとしてどうなのよと思いますが、そういう感じです。あの作品にこんな綺麗なイラストが頂けるなんて想像もしなかったんですよー。このイラストを受け取ったことで、作品に対する気持ちに変化が生まれたような気すらしています。ずーっと眺めていたい……。

こうして並べるとどちらも1枚に詰め込まれたものが多いというか、包括的であることに「うわあ」となったのかな、とも感じます。そしてどちらもまなざし・視線がものすごく雄弁ですよね。はー、絵ってすごいなあ……。
しかし、ポロさんのイラストはやっぱり色味と配色が好みです!

これはナインや晴れ雨のときに頂いてた感じの、シンプルにウヘヘーとできる1枚ですね!ふたりの表情が必死で楽しいです。一方がゲイなんですけど、どっちがそう見えますか?そして "Friend" って何なんででしょう……?

こちらは英さんの永吉です!!見た瞬間「何もかもが永吉じゃねえかあああ!!」と胸中で絶叫してしまった感じの最高な1枚ですね。iPhoneのサイズに合わせて作ってくださったので、今年の夏は永吉と過ごすことになりました。活き活きした永吉と毎日目が合うのでニヤニヤしています。以前モンくんのイラストを頂戴した際にもホーム画面に住んで貰ったので、英さんのイラストには本当にお世話になっております(?)

f:id:shintarawl:20180617132528j:plain

そして、ブログを更新しない期間が長かったのでうっかりご紹介洩れしてしまった(他にもあるかもしれない……)『ナイン・ストーリーズ』の9人イラストをようやくご紹介!!4&6番が隣り合って枠を越えちゃってるのも嬉しいですし、9人みんなかわいい!個人的には9番勝利くんのニッという感じ、2番涼平くんの良妻感にニヤニヤしますが、圧倒的に8番壱成くんが好みだなーと感じる今の自分に色々と思うところがあります。でもどう見てもかわいいですよねこの壱成……。

しかし、前にも書いたかもわかりませんが、僕が生まれて初めて見たゲイイラストって英さんのものだったんですよ(元彼が中学生の頃から大ファン!とかそういう感じで)。その英さんが俺の作品のイラストを描いてくださってるの、物凄い不思議な感じというか、フツーに考えてちょっとした夢じゃないですかコレは……。

f:id:shintarawl:20180617130749j:plain

イズイズ!も描いてくださりました。そりゃー女子もクスクスしますわ!腋!

黒森さんの永吉&憲伸!確かにこんなシーンはないのですが、あってもおかしくないのでは?という感じの1枚です。憲伸がこういう夢を見てしまう、wet dream...とか大いにありそうな。にしても黒森さんの永吉は少年っぽさが色濃く残っていてかわいいですねえ……。「黒森さんのイラストの魅力は描き手のパーソナリティにあり」説とも絡むのですが、黒森さんのツイートを拝見していると、うちの三兄弟の長男(野生児)とめっちゃ仲良くなってくれそう!とよく感じるので、はよリリースしてお届けしたいです。次男(ヤンキー)も好きになって貰えるかも、と期待しつつ……。

こちらはうっちいさんによる二人です。サマフレのイラストはキャラクター造形が割と近い感じになっているなあと興味深かったのですが、うっちいさんのは明らかに毛色が異なっていて、ちょっと少女漫画の趣もあるというか、独自のラインでこちらも嬉しいです!個人的に、クリッとした目の永吉に感じる悪戯っぽさとひたむきさがお気に入りです。うっちいさんはイラストだけでなく、色んなやり方で応援してくださっていて、かなりのエネルギーを頂戴しております!ありがとうございます!

イモガシさんも描いてくださいました!
僕が初めて見たゲイイラストは英さんのものでしたが、同人界隈で初めて知り合った方はイモガシさんでした(pixivに登録してすぐにメッセージのやり取りをしたのを覚えています)。なので、そのイモガシさんに小説のイラストをいただくというのもこれまた不思議で、ある種の感慨があるんですよ。イラストの基本的なテイストは変わっていないんですが、明らかに達者になっていることがわかるので、俺も頑張らなきゃなー(小説を!)と思います。やー、文章の成長ってよくわからんのですけども!
イモガシさんの永吉は男らしい感じが強く、男前っぽさも滲んでるのでこれは相当モテてますね。【モテるのに憲伸に操を立てて(?)童貞】という設定が際立つ、そんな1枚です。

-----

ということで、素敵なイラストたちを本当にありがとうございましたー!!エネルギーに変えて頑張りマッスル!!うおおおおー!!!それでは!

Dear, Summer Friend

Dear, Summer Friend

 
フィッシュ・イン・ザ・シー

フィッシュ・イン・ザ・シー

 
ナイン・ストーリース? -球児九人夏物語- side A ナイン・ストーリーズ

ナイン・ストーリース? -球児九人夏物語- side A ナイン・ストーリーズ

 
ナイン・ストーリース? -球児九人夏物語- side B ナイン・ストーリーズ

ナイン・ストーリース? -球児九人夏物語- side B ナイン・ストーリーズ

 
アフター・ナイン・ストーリーズ

アフター・ナイン・ストーリーズ

 

晋太郎作品に寄せられたイラストたち その29+α

こんばんは!

久々の新作リリースをしてから3週間ほどが過ぎました。皆さんから反応をいただく感覚もまた当然のこと久し振りで、「待ってました!」と言ってくださる方がこんなにいるのか……と胸がいっぱいです。
今回頂戴したリアクションをエネルギーに変えて、また地道に、そして楽しく頑張ってゆけたらなあと切に思います。メールやDM・ツイートなどでご感想をくださった方、Amazonレビューを書いてくださった方、読書メーターにコメントを上げてくださった方、とにかく皆さんに感謝しています。貴重なお時間を僕の本に割いてくださって本当にありがとうございました!

ということで、久々にイラストのご紹介をさせてくださいませ。
それでは、まずは『Dear, Summer Friend』の方から!

Dear, Summer Friend

Dear, Summer Friend

 

僕としてはもう、ただただ念願だったとしか言えないポロさんのイラストです!
このイラストを目にしたとき、すべてが報われた気持ちになったというか、「俺はこのために書いたんだろうな……」と泣きそうになりました。『サマーフレンド』に関しては、僕の活動を長く応援して下さっていた方や、昔から作品を好きでいて下さった方に、「俺はまだまだ頑張りたいです!」とお伝えしたい一心で書いていたので、作品に粗はあれども《届けたい人たちに届けられたこと》が嬉しいですし、今の僕にとってはそれが何より重要なことだなーと感じています。

と、そういう意味でもとにかく嬉しいイラストでした!
三人のまなざしの在り方にグッときて、空気感にグッときて、ポロさんらしい色遣いにもグッときて。僕はまず憲伸の横顔に「わあああ……」とすっかりやられてしまったのですが、柚月のソロイラストを見て「うわー、ポロさんや!」と込み上げるものがありました。
Twitterの方にちょろっと書きましたが、僕の作品に登場する女性キャラの多くはストーリーの都合に翻弄されるさだめにあるため、書き手としては後ろめたさがあります。「魅力的に書こう」という気持ちはありますし、そういう意味ではもちろん愛情を込めてはいるものの、男性キャラと比較すると露骨にフォローが少ない。それはもう、僕という人間が書いている以上はやむないことだとも思うのですが、やっぱり気にはなるんですよね。
で、そういう立ち位置のキャラを、こうやって魅力的なイラストで見せられると、大きな感激もありますし「やっぱりキャラクターをただの駒にしてはイカン……!」という気持ちにもなるというか。この柚月の表情を見た瞬間、僕は「あー、彼女にも(俺の中で)その後をちゃんと用意してあげないと!」と思いました。作品としてはああいうかたちで終わる、そこは変えられないけど、作者の中では先のことを考えてあげないとダメだ!というか。気持ちの有りようの問題、みたいなことになってしまいますが、でもそこは絶対に大事だよなーと。

脱線しまくりで、しかも長くなってしまいましたが、ともあれ、女性キャラを描いていただけるのはものすごく嬉しいです!柚月がかわいい!もちろん永吉もかわいい!嬉しい!ポロさんのイラストは僕にとって本当に特別なものです!

今回、真っ先にイラストを寄せてくださったのは英さんでした。ヒャアアアア!とおかしな声が出てしまったぐらいに嬉しかったです。憲伸も「いかにも憲伸!」という感じでたまりませんが、何と言ってもこの永吉!「わー、こういう感じだったんだな永吉ィ!」とテンションがMAXになりました。
僕はいつもイメージイラストを描くのですが、今回はそれをしなかったので、いつもより自分の中でのイメージがおぼろだったんです。そういう事情もあって「初めて目にする永吉!」感がすごくて「うわあああ!」と発狂。しかもマック・デマルコの『SALAD DAYS』(名盤です)のティーシャツも着てる!細かい部分を拾っていただけてる!で、最高でした……。
(下世話な話をすると、活き活きとした永吉がちょっと性的でコーフンもしました。そして「クォーターの割に微妙なサイズ」という設定でしたが、「非常時にはデカイ」という設定が俺の脳内で加わりました。酷い!)

その後がどうなるのかはご想像にお任せ、といういつものスタンスで書いた一本ですが、英さんのイラストになるともう《相思相愛な未来》しか浮かばない感じで、それもまた嬉しかったです。英さんの漫画ではちょいちょいバカップル級の相思相愛図が見られますが、実のところ俺はそれがかなーーーり好きなので……。(ゴリくん大好き!)

そしてこちらは黒森さんです。『サマーフレンド』は黒森さんにも絶対に届けたい、特に永吉というキャラクターをお届けしたい!と強く願っていたので、やはりひとつの念願!という感じでたまらず嬉しかったです。予想通りのかわいさ!
かなりの短髪ですが癖を表現していただいていて、クォーター感を出してくださっているあたりも「ワー!」となりました。目に愛嬌と力があってかわいい……。この、黒森さんのイラストにある固有の不思議な魅力は、たぶん黒森さんのパーソナリティと関係があるんじゃないかと勝手に踏んでいるんですが、どうなんだろう?

黒森さんには深い感謝がありまして、昨年の今頃、僕が何の活動もできていない時期に『ナイン・ストーリーズ』のキャラクターを9人分描いてくださったことが、僕的には大きな励みになっていました。それ以外にも黒森さんは定期的にイラストを描いてくださっていて、「ああ、応援してくださってるんだなあ」「いつかまた黒森さんに楽しんでいただける話を書くんだ……!」と、燻る火種をどうにか絶やさずに保てたというところが多分にあります。本当にありがとうございました!これからも頑張ります。

フィッシュ・イン・ザ・シー

フィッシュ・イン・ザ・シー

 

『フィッシュ〜』の方はイラストにするのはかなり難しいだろうな、と思っていたのですが、ばんじゃくさんが描いてくださいました……!すぐさま「ばんじゃく先輩からヘタレな俺へのエールだああ!」という気持ちにもなって、二重、三重の意味で嬉しかったです。ご感想のツイートもありがとうございました……!

ばんじゃくさんに対しては、『うなばらバタフライ』という機微に富んだ作品をコンスタントに発表し続けていて、同時に他の作品もリリースしている在り方への絶対的なリスペクトがまずあります。そして「悲劇には必ず喜劇的な側面もある」「美しいものを描くと同時に醜い部分も描く」……といった描写のバランス感覚・その公正さが好きなのですが、何と言っても「ユーモアを忘れない」というところが一番の魅力だなと感じています。その感性があるからこそ、切ない話を描いたときにその切なさが際立つというか、奥行きが生まれるんだよなーと。それで、できれば僕もそういう作品を作りたいと思っているので、遥か後方を歩いてはいますし、てんで安定できない男なのですが、ついつい「ばんじゃく先輩!!」という感じになっちゃうところがあります。自分にとってのそういう存在である方に自作を読んでいただけるのは本当に嬉しいですし、「あー、頑張んねーと!」と背筋が伸びます!
(ちょっと脱線しますが、『うなばらバタフライ』のR-18話も日常パートがあるからこそエロスが際立つ、みたいな構造だったりしますよね。僕はバックグラウンドがないとエロスを感じにくいクチなので、あれは効果的だよなーとしみじみ思います)

しかし「兆さんワイルド!」「史丸くんかわいい!」と盛り上がりましたが、やっぱり史丸くんのかわいさに「わーーー!」となってしまいましたよね。この素朴なルックスでああいう乱れ方をするのかよ……と体の一部が盛り上がったところで、そのギャップを狙ったデザインと教えていただいて。
ああ、にしても俺の好みはばんじゃくさんの漫画によってちょっとずつ変化をもたらされている気が……。

こちらはイラストではありませんが、とても熱量の高いエッセイを蜜丸さんが書いて下さったので。この内容について何かを言おうとすると明瞭な自己言及になってしまうので具体的には触れませんが、ハッとさせられるところが多くありました。
今回、リリースした二作が相似構造である、鏡映的である……とそういったご指摘を多くいただいたのですが、僕としてはまったく自覚がなくて。ああ、言われてみればそうだなあ……ぐらいの薄ぼんやりした感じで書いていたりするので余計にお恥ずかしい!無自覚ってやばいけど面白いですねえ……。

ともあれ、「おかえりなさい」のひとことが最高に嬉しかったです!
お互い、無理のない範囲で頑張りましょうー!

こちらのツイートもイラストではないのですが、わざわざ手作りでの文庫化をしてくださっていて「うわあ、何コレ!!」と泣きそうになってしまったのでご紹介を。僕は電子書籍でのリリースをしてますし、購入する際にも9割方は電子書籍を選びますが、「これは紙で欲しい」という本はどうしてもあって、やっぱり紙の本への愛着は絶対に拭えないんですよね。これは音楽に関しても似たところがあって……とついつい脱線しそうになりますが、「一手間かけて紙化していただけるなんて幸せ過ぎる……!」という気持ちでした。しかも両A面仕様なんて凝っていて……。

僕はいつもhawkさんのツイートを楽しませていただいていて、(多方面の)作品を個人の嗜好のもとに楽しみつつ、独自の批評眼から語るそのスタンスが好きなのですが(ものの見方・着眼点が面白いし、そこから想像を広げてゆく様子も楽しいのです)、「信頼に値する目を持った人」という認識でいるが故に、いざ自作を読んでいただく立場に回るとかなーり緊張します(本当に緊張します!)。はー、twitterって不思議。でも楽しい……。


----------

ということで、以上、久々のイラストご紹介エントリでした。久々だったし嬉しかったしちょっとテンションがおかしい気もしますがご容赦ください!
繰り返しになりますが、本当にありがとうございました!
今後もマイペースにガンバルトー!

『Dear, Summer Friend』『フィッシュ・イン・ザ・シー』に登場する楽曲たち

こんにちは!
先日リリースしました二作品ですが、すぐに色んな方が反応をくださって涙がちょちょっております。ものすごくビクビクしながら出したというか「自分の文章=ダメなもの」みたいな感覚がずーっと拭えずにいたので、「あ、まだ読んでいただけるんや」「好きだと言ってくださる方がいるんや……」という感じで気力が蘇ってきたように感じますし、不思議なもので、完全にダメだと思っていた過去作も「あれ、コレ別に悪くないんじゃ……?」と思えるようになってきたり、心の在り方ひとつで見えるものってこんなに変わるんかー!とエヴァンゲリオンの最終回みたいな感慨を得ております。読んでくださったみなさん、本当にありがとうございました!
と、いうことで本日は例によって『Dear, Summer Friend』『フィッシュ・イン・ザ・シー』に登場する音楽の紹介をするエントリをお届けしたいと思いますー。

 

★Dear, Summer Friend

Dear, Summer Friend

Dear, Summer Friend

 

現在Spotifyにて、永吉くんが好きな楽曲たちを "eikichi_suekichi" という名前で公開しております。作中に登場する洋楽曲はこちらでだいたい網羅していますし(故に憲伸の好きな曲もちょっとだけ混じってますが基本は永吉です)、単純に晴れた日のドライブなんかにも合うと思いますのでぜひぜひ。「お前、歌詞の意味わかってるんちゃうん!」的なやつから「あ、全然わかってないな……」的なものまで揃っております。

上のプレイリストがあれば紹介なんて要らねーじゃん!な感じもあるのですが、以下にYouTube動画も貼ってゆきますね。一部動画が見つからない曲もあったので、あるものだけ……。


永吉くんがマック・デマルコ大好きボーイなのは単に作者がドッパまっているからなのですが、「デマルコちゃん好きな男子高校生!」をイメージしていたら永吉のキャラクター像が固まってきた、という側面もあったりします。"My Old Man" は作中でもちょっとした意味(?)を持ちますが、そんなことよりこのライブ動画死ぬほどかわいくないですか!? ちなみに、永吉くんが着ているレタスのテーシャツはコレ↓です。イラスト(嬉しい!!!!!!!!!)もいただいたのでまた改めてご紹介をしなければ……!

f:id:shintarawl:20180501035553p:plain


憲伸がどん引きするやつです。僕は若かりし日のパーティーで、自己紹介タイムの際にこの曲を「これが俺です!」などと言いながらかけたことがあります(過剰)。今も変わらないんですが、俺は十代の頃からそういう奴でした。しかしこの曲調にこの歌詞、マジで奇跡だと思うんすよ……。


オリジナル版は見つからなかったので、「あ、あの曲ね」とわかっていただければという意味でどなたかのカバーを。これ、野外パーティーでは毎回かけてました。俺のキャラクターはどういうわけかみんな『魔女の宅急便』が好きですが、今回は最低の使い方をしました!まじで怒られそう。


この曲もいちおう作中で軽めに意味を持たせました(?)。久石譲からビーチボーイズに繋ぐとか、永吉はちょっと頭おかしいですよね。歌詞にはカリフォルニアも登場しています。


運動部員を踊らせるのは僕の性癖なのかもしれませんが、できるだけダサいゲイ・ポップがいいなあと考えていたところこの曲が浮かびました。「え、何でそこ選んだ?」的な。しかしハカの要素を取り入れたゲイっぽい振り付けってどんな感じですかねー。とりあえず永吉はセンターでノリノリだったはずですが!


永吉の部屋で流れていた1曲です。『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』のサントラを聴きながらダラダラしてるDKどもって最高だなーと。永吉はたぶんスターロードの物真似をしつつ踊ってたんだと思います。そうであって欲しいです。


憲伸のプレイリストより。作中で流れてたのは "carnival mix" の方なんですけど、オリジナルの方しか見つからなかった……!「魔法をかけたよ / さっききみに」なんてそんな都合のいい話があるかよって話なんですが、俺の小説だとあるんですよね。必ずと言っていいほどあります。ない方が不自然。


同じく憲伸のプレイリストより。「僕らが生まれる前に流行ったとても古い曲」と書いたとき、「ウッ」となりました。90年代感がすごいし気恥ずかしいですけどいい曲ですよねー。彼女たちはラーズの"There She Goes"もカバーしてます。


ビーチのラジオで流れている曲。単純に「めっちゃ流れてそう!」てことで選びました。個人的にはデビュー直後の作品群が結構好きだったりします。

YouTubeにはなかったんですけど、作品のタイトルにもなっているのでSpotifyから引っ張りました。僕は初めてコレを聴いたときにもうタイトルでやられちゃってサビで更にやられちゃって……。"サマーヌード" はのちに山Pがアレなカバーをしましたが、こっちはアイドルネッサンスがやってましたね。


"フレンド繋がり" で登場する曲です。たぶん憲伸もちょっと頭おかしいんですよね(いい意味で)。


憲伸と永吉が共通して好きなアレックスくん。なお、憲伸も永吉ももともと音楽好きという設定ですが、おそらくは秀杜くんの助言のおかげで楽しい音楽ライフを送れている感じなのだと思います。秀杜くんの従兄弟(『晴れでも雨でも』に登場します)は映画オタですが、秀杜くんは音楽オタ寄りです。僕はアレックスくんの十代のファンたちの盛り上がりを眺めるのが好き、という歪んだファンです。


ティファニーで朝食を』の劇中でオードリー・ヘプバーンが歌っているあまりにも有名な曲、をキッド・コアラがいわゆる「二枚使い」で幻想的なムードに仕立てたものです。作中ではあまりにもしれっと流されてますけど、"We're after that same rainbow's end" ってアレだなー、"My Huckleberry friend" て表現はすごくいいなー、憲伸ってアホだなー、などと色々思ったり。もちろんこの"Huckleberry"っていうのはトム・ソーヤーに対するハックルベリー・フィンです。


Spotifyか何かで適当に選んだ【Fireworks】というプレイリストに入っていた一曲。僕はこのアルバムが大好きでライブも何回か行きました。いつだったか登戸の川縁でBBQ中のニーチャンらがこの曲を流して踊ってるのを見て「おめーらさいこうだな」と思ったのを覚えてます。真っ昼間だったけど……。


ケイティ・ペリーといえば僕は俄然 "Teenage Dream" が好きなんですが、ドリームワークスの『マダガスカル3』の劇中で使われてる感じがもう最高of最高という感じだったので、それ以降これもかなり熱いです。ともあれ単純に花火やってるときにコレが流れてたら楽しそうですよね。

 

★フィッシュ・イン・ザ・シー

フィッシュ・イン・ザ・シー

フィッシュ・イン・ザ・シー

 

そして『フィッシュ・イン・ザ・シー』のプレイリストもいちおう作ってみました。こちらについては音楽はさほど重要でない作品なのでサラーッといきますが、

①【ビッグフィッシュ】のBGM ② イギリスのラッパーのヒット曲 ③ ビヨンセを聴かない史丸くんが聴くソランジュ ④マコトくんのDJ ⑤【ビッグフィッシュ】のBGM2 ⑥⑦⑧ お散歩中のアレ⑨ 鯨井の部屋のレコード

と並べてます。カジノ・バーサス・ジャパンが出てくる小説ってたぶん世界に数本しかないと思うんですけど(いや、わかんないけど)"Aquarium" が好きなので出しました。曲名は作中で出してないのばっかりですが、こんなイメージでしたーということで。BoCは別の曲が良かったんですが、Spotifyにはなかった……。

以下、2曲だけコメントを。

GREAT3って少年時代には「演奏はかっこいいけど気持ち悪いなー」て感じの存在だったんですが、この何年かで良さがめっちゃわかるようになりました。このアルバムもこのアルバムも最高じゃないか……!と。歌詞がいいんですよ。でもたぶん、それはせいぜい20代前半〜半ばぐらいで知ってなきゃいけない感覚だったんだろなーと思います。20代前半の人には是非『Richmondo High』〜『ROMANCE』のあたりを聴いてみて欲しいです。


作中ではモンクのバージョンを登場させましたが(未発表作『Run,Jump and Throw.』のキャラクターがモンク大好き人間で、その流れで出てきちゃった感じなのです)、もともとはちゃんと歌詞があります。"youth will pass away" から "as life goes on without me" へ続くパートは鯨井的には色々と思うところがあったんじゃないでしょうか(他人事)!

----------
ということで、そんな感じでございました。
小説単体でも楽しめるかと思うのですが、興味のある方はぜひぜひ併せてどうぞ!
次回は、頂戴したイラスト(ありがとうございます!)をご紹介するエントリ(ヤッター!)を立てたいなーと思っております。

それでは!!

新刊『Dear, Summer Friend』『フィッシュ・イン・ザ・シー』リリースのお知らせ

お久しぶりです、晋太郎です!

中編と長編のリリースをしますよお!と宣言をしてからずーーーっと何もできずで本当に申し訳ありませんでした。やー、人生っていろいろありますよね(のひとことで心底片づけたい)。ということで、久々の新作リリースのお知らせです!

Dear, Summer Friend

Dear, Summer Friend

 

【高三の夏だろ 俺らの三年 振り返っちゃおうぜ】
夏休みのある日、唐突に送られてきたメールが《僕》を海へと誘う。
全力で愛をぶつけてくるゲイの親友との、追想的小旅行──であるはずが、話は予期せぬ方向にズレてゆき……。

“──奴が向けてくるのはカメラのレンズであり、まっすぐな好意であり、あけっぴろげな愛だ。永吉はオープンリー・ゲイで、そして、困ったことに、僕の親友だ。”

左ウイングの憲伸、右ウイングの永吉。
ちょっぴり捻くれた《ストレートの僕》と、どこかすっとぼけた《ゲイの親友》。
ふたりを繋ぐ奇妙な友情、そこにもたらされる変化とその顛末は────?
夏!海!恋!友情!音楽!をマジカルに詰め込んだ、約61000字の書き下ろし青春中編。

フィッシュ・イン・ザ・シー

フィッシュ・イン・ザ・シー

 

映画の宣伝マンとして気ままに暮らしていたオープンリーゲイの三十男・鯨井兆は
靴職人を目指す青年・野崎史丸と出会い、いつしかのめり込んでしまう。
「もし、俺らが魚だったとしたら。俺は水槽の中の魚で、鯨井さんは海の魚っすね──」
初めて味わう類の痛み。そこに後悔と悪感情が入り混じり始める中、最低としか思えぬ出来事が訪れて……。

“もし俺が水槽でなく海洋に属しているのだとして、俺は決して何かを目指して泳ぎ進んでいるわけではない。実際のところ、それはほとんど漂流でしかない──。”

大人になり切れない大人が抱える、みっともないぐらいの執心と孤独。
《嫉妬》を軸に描いた、約42000字の書き下ろし短編。

*表紙の体裁が同じなので誤解をされそうですが、作品のテイストとしてはまったく違うノリになっていますのでご注意くださいませ。前者は《十代のキラキラ》を、後者は《三十代のウジウジ》を描いた作品です。(もう一本、《二十代のモヤモヤ》もやったのですが、それはまたいずれ……!)

①『Dear, Summer Friend』はひとことで言うなれば、セルフパロディというかセルフトリビュートのような一本かなーと思っています。自分が好きなものを好きに書こう!という気持ちだけで書いたため、必然的にそういう感じになってしまった部分もありますし、途中からは意図的に過去の路線に寄せていったところもあります「いつもの感じね」でお気軽に読んでいただける作品かと思いますし、ふたりのわちゃわちゃ感を楽しんでいただけましたら幸いです。YAかつBL寄りです!

②『フィッシュ・イン・ザ・シー』は近年の僕が書き始めていた三十代ばなしの系譜の延長線上にあって、僕的には未発表作の『Run, Jump and Throw.』というおっさんどもの中編を間に挟んでいたためあまり飛躍は感じないのですけども、人によってはその内容にビックリされるみたいで。悪感情を描こう!というテーマで書き始めた作品なので余計にそうなるのかもしれません。甘いお話ではありませんが、よろしくお願いいたします。こちらはゲイ小説寄りです。

-----

さて、作品のあとがきにもちょろっと書いたのですが、僕はいわゆるライターズ・ブロック的なものに苛まれていたのにくわえ、「作品を発表するのがめっちゃ怖い」モードに陥ってしまっていたため、今回の作品は「ダーッと書いて熱がさめないうちにそのまま発表する!そんで未発表作をリリースするためのはずみをつけるなり、次作に取り組むエネルギーに変えるなりする!創作&発表の感覚・リズムを取り戻す!」ということを目的に執筆しました。

抱えているうちに発表できなくなってしまう……という流れを2回やらかしたので、同じ轍は踏みたくねえ!という一心で、ほとんど勢いだけでリリースします。故に荒い部分も残っているとは思うのですが、ともに楽しみながら書けましたし、決して悪くはない作品であるとも感じています。リバビリ作ではありますが、もしよろしければご一読くださいー!

ご感想、激励、イラストなどなどのリアクションもお待ちしております!切実に!

俺、まだまだ頑張りたいと思っています!よろしくお願いします!

『Dear, Summer Friend』はこの楽曲からタイトルを拝借しました。"サマーヌード" という希代の名曲の前ではどーしても霞んじゃうところがありますけど、めーっちゃ名曲です。本編でも登場するので聴いてみてください!

ウィル・グレイソン、ウィル・グレイソン (STAMP BOOKS)

ウィル・グレイソン、ウィル・グレイソン (STAMP BOOKS)

 

そして今回、「あー、やっぱ何か書きてえ!」と僕の手を久々に動かしたのは、この最強にチャーミングなYA小説だったのだと思います。「俺も俺なりのタイニーくんを生み出してえ……!」などと考えていたら、永吉くんがひょっこり現れました。この本は全力でお薦めしたいので、興味のある方はぜひぜひ。

サイモンvs人類平等化計画 (STAMP BOOKS)

サイモンvs人類平等化計画 (STAMP BOOKS)

 

こっちも愛おしい作品ですので、ついでにご紹介!『ラブ、サイモン(Love, Simon)』というタイトルで映画化もされましたね。やー、しかしSTAMP BOOKSはほんとに素晴らしいですわ……。

-----

最後に、今回下読みを3名にお願いし、それぞれが「コレは出しちゃいましょう!」と背中を叩いてくださったことがたいへん大きかったです。どうもありがとうございました!なお、校正はひとりでやったので、潰し切れていなかったら申し訳ありません&ご報告をいただけますと幸いです……!

次回は作中に登場する音楽を紹介するエントリを立てたいと思っております。それではー!

晋太郎作品に寄せられたイラストたち その28 + α

お久しぶりです、晋太郎です!放置しまくっておりました!

前回の更新以来、執筆活動を半年以上も止めてしまいまして、何というか私生活で色々あったんですけども、今年の3月よりポツポツと活動を再開しました。んでその後もありえないスピード感で色々あったんですけども(Mary J. Blige風に言うと"No More Drama !!!")、とりあえず活動自体は細々と続けております。

ということで、ほとんど1年振り近いエントリですが、頂戴したイラストをご紹介させてください。ほぼ活動していなかったにもかかわらず、本当にありがとうございます!ザ・涙!

f:id:shintarawl:20170628234228j:plain

最高の最高の最高に嬉しかった、イモガシさんにいただいたマサゲン!何というか言いたいことはいっぱいあるんですけど、ひとことで言うと「イモガシさん大好きです!」みたいな感じです。本当に元気をいただきました。

このマサゲンっぷりが最高なのはもちろん、源太の表情がたまりません。あと個人的には腹の薄さとケツペタ感(小尻感)が好みですフフフ。

村田ポコさんが誕生日に描いて下さった涼平くん!個人的に僕がナインの中で最も付き合いたい(結婚したい)涼平くんです!いやもうどう考えても家庭向きの男というか、涼平くんです!こんなに嬉しい誕生日プレゼントってないですよね、イラストを描ける方って本当にすごい。昨年ポロさんにいただいた動画も超嬉しかったです。

黒森さんによる日昭ナイン全員イラストです!これまた最高にやばい!どれも各キャラのらしさ×黒森さんの個性で素敵な絵に仕上がっていてしあわせです。それぞれ背景色が違うのでさながら戦隊モノ……キュウレンジャー!(*観たことない)

個人的にはやっぱり涼平にズッキュンだったんですが、楽しみにしていたのが琢磨(やっぱり黒森さんのヤンキー絵は良い……)と壱成(黒森さんの画風といちばん遠いかな?と思っていたら、見事に黒森さんな感じに!)でした。

♥︎の数を見ると、みんなのアイドル源太の人気が高いのはやっぱなーという感じですが、琢磨と壱成も人気が高い……っていうか壱成がダントツですね!?筋肉パワーっすか!?

このシリーズはコンスタントにイラストを挙げていただいて、ものすごーく励みになりました。感謝してもし切れないぐらいエネルギーをいただきました。本当にありがとうございます!

篤史くん(後輩)も!ありがとうございます!

f:id:shintarawl:20170628235602j:plain

f:id:shintarawl:20170628235548j:plain

黒森さんによる『ライク・ア・デイドリーム』イラスト。俺は兼ちゃんが好きなんですが(もっと言えばそらー成道をダントツで愛してますけど!)、このイラストは春一の春一らしさがよく出ていてたまらなくいいです。Flashに読み込んで桜散らせようかなと一瞬思っちゃいました。

f:id:shintarawl:20170628235524j:plain

f:id:shintarawl:20170628235630j:plain

黒森さん&ポロさんによるマサゲンデート(?)イラスト!先攻ポロさんで、後攻黒森さんでした。バーガンディーのパーカー(きっとチャンピオン)は源太っぽいし、カーハートのビーニーも宗匡っぽいですよねドゥフフ

こちらはポロさんにいただいたもの。 「元気が出るやつです」めっちゃ元気出ます!ポロさんの源太は何というかもういちばん源太ですよねえ。まーじかーわいい!

『ライク〜』のイメージ動画も嬉しかったです。僕の書くお話には音楽がガンガン登場しますが、皆さんが「この話とあの曲って合うなあ」みたいなものをそれぞれ見つけて下さったら最高に嬉しいなーと。ceroは東京ウェッサイの人たちなのでそういう意味でも「あっ」みたいな感じがあったり。国立の大学通りは作中でもちょろちょろ登場させてる気がします。

f:id:shintarawl:20170628235614j:plain

f:id:shintarawl:20170628235641j:plain

f:id:shintarawl:20170629001441j:plain

黒森さんの変装ケンケン(7月の新宿駅ですね!)に、雪の中のシロくん(タイトロープ・ダンシングより)。ゆたさんは個人的にズーンとなる出来事があったときにメッセージとともにイラストを下さって、僕は宗匡になった気分というか、ポン!と肩を叩いていただいたような感覚になりました。その節は本当にありがとうございました!

-----

ナイン・ストーリーズ』はリリースから4年が経過する(マジか!)のですが、未だにこうしてイラストをいただけることは何かの間違いではないか……という気持ちにもなります。ナインは、マサゲンは僕にとってめちゃめちゃ大事な作品(存在)であると同時に越えねばならないハードルともなっていますが、今後とも途切れ途切れに活動を続けていつかやったるで!と思っております。

なお次は、3月後半から短期集中でドワーッと書き上げた中編『Run, Jump and Throw.』という三人のおっさんどもの話をリリースしたいと考えています。そしてその次は、昨年初稿を書き上げていたもののそのままほっぽり出してしまった『門前三兄弟』という長編のリリースを予定しています。正直はよ新しいお話を書きたいですが、そのためにもまずはこの二本をリリースできるようにしたいなーと!がんばりまーす!

f:id:shintarawl:20170702185221j:plain

タイトロープ・ダンシング

タイトロープ・ダンシング

 
天使たちのシーン

天使たちのシーン

 

リリースまでは過去作をぜひぜひ……!!