読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新刊『タイニー・リトル・ミラクルズ』のお知らせ

KDP

ファンアートのご紹介でないエントリはいつ振りでしょう、今回は新刊のご紹介です!……と言っても、昨年書いていた長編『晴れでも雨でも』ではなく、その作業に行き詰まった結果、息抜きがてらちょろりと書いた習作を集めただけの、THE・お遊び短編集です。まったくもってスミマセン……。

タイニー・リトル・ミラクルズ

タイニー・リトル・ミラクルズ

 

以前、『ア・ピース・オブ・ケイク』という習作BL短編を集めた短編集を出しているのですが、その第二弾といった感じのものなります。ピースオブケイクは本当に「実験作ないし何も考えずに書いたもの」ばかりというラインナップで、作風も普段とは違う作品が中心でしたが、今回のものは相対的に見て、いつもの感じに近いところもあるかなーと思っています。

お遊び本の説明をされてもなー、という方もいらっしゃるかとは思いますが、興味のある方に向けての簡単な紹介文(?)をちょろりと書かせてくださいー。4本収録で、構成としては《3本+オマケの1本》という感じの作りになっています。

 

①デザイン・ユア・ディナー

《上司&部下》モノのBL。2013年の8月に、ベロベロに酔っ払った状態で一夜にして書き上げた短編です。故に、書いてる時の記憶がほぼありません……。何も考えずに書くと、こういうクッソ恥ずかしいモノを書くんだなーと実感でき、我ながらクッソ恥ずかしかったです。や、意識して書く「恥ずかしい話」は、恥ずかしくないんですよ。

 

昨年は「晴れ雨以外何もやってねえ!」な状態で、「新規で何か書く」ということをしてみたくなったときに、「あ、あの短編はまだ電書に入れてないなー」とふと思い、「じゃ、アレと一緒に収録できるBL短編を幾つか書いてみんべ!」ということで動き始めました。この短編集の起点になった一本です。

 

②ルージング・マイ・ディレクション

《(元)同僚》モノのBLです。これは去年の12月頭ぐらいに二晩かけて書きました。①と似たようなテイストのモノを書こう!というところから思いついたお話。①はPubooで公開してました(その後、多少の推敲を加えました)が、②以降は全て初出です。

 

僕のお話は学生が主人公のものが大半ですが、これは珍しくアラサー男が主人公です。学生どもは基本キラキラと書きますが、アラサーなのでキラキラしてません。居酒屋で管を巻いているノーフューチャーくんの「明日はどっちだ!」な短編になっております。

 

③タイニー・リトル・ミラクルズ

短編集の表題作です。こちらもアラサーのおっさんが主人公ですが、以前にもちょいちょいやったような《年の差》モノのBLを、ちょい長めで書きました。例によって、おっさんなのでやややさぐれています。②から立て続けに、な流れで三晩かけて書きました。丁寧に書いたからではなく、単純に長さの問題です。スイマセン。

 

170以下のおっさんと190近い大学生ということで、《身長差》モノでもあります。今回、①〜③すべて、どっちかはデカイ男になっているので、チビ専の僕としてはこう、(高身長のキャラクターを出さざるを得なかった)ナインで一皮剥けたんかなーと思わざるを得ないっすね。

 

やさぐれおっさん×キラキラティーン、ていう組み合わせについては完全に僕の好みです。なお、このお話までが本編というつもりでいてます。読み手としては④も変わんねーし!て感じかもですが、一応。

 

④ヒッチハイキン・ダイアローグ

オマケの1本です。②と③は『デザイン〜』が起点になってますが、これについては『ア・ピース・オブ・ケイク』に収録のお話が起点になっております。ということで、これまた僕の好きな「車の中での会話劇」再び、な一本。

 

去年の12月、元同僚がヒッチハイクの大学生を拾ったという話をしており、「へー、日本でもヒッチハイクなんてあるんだなー」と感心したことが切っ掛けで思いつき、今年の1月、冬休み最終日に一日でガッと書き上げました。すげー勢いで。そのまんま、運転中のおっさんが大学生を拾うお話です。これが一番お遊び度は高いかなーと思っております。

 

何と言うか、カッチリ作り込んだ作品をお届けしたいものの、中々できねーってところで、しかし「何かしらボチボチお届けはしたい!」な思いでガーッと書いて勢いでリリースしちゃいました、という感じではあるので、気になる方だけドゾ……!と控えめに差し出させてください。

なお、今回の短編集をアップするのに伴って、ピースオブケイクの方も表紙をシンプルなものに差し替えました。こんぐらいイメージつかない方が良かったよなーと。

ア・ピース・オブ・ケイク

ア・ピース・オブ・ケイク

 

ともあれ、よろしくお願いいたしまっす!