『R-中学生』

今日は最近読んだ漫画のご紹介を。

R-中学生(1) (ヤングマガジンコミックス)

R-中学生(1) (ヤングマガジンコミックス)

 

前からちょっと気になってたものの、何となくスルーしっぱなしだった一本(この表紙、めっちゃめちゃ損してると思います)。やー、もっと早く読めば良かったです。中2男女の性的衝動やら恋やらを情けなく、そして可愛らしく描いた思春期コメディ。

冒頭からしょーもない(そして結構エグい)短編を連続で繰り出しつつ、しかし愛おしいキャラクターが次々に登場。いつの間にやらそいつらに愛着が生まれちゃったところで、最終的にはその全員を巻き込んだちょっとした(やはり割とエグい)ひとつのドラマが展開されたのちに(くだらなくも少しキュンとくる)大団円へ、というコンパクトな全3巻構成。もう少し読んでたかったのに……と感じされられますが、そんぐらいが逆にちょうどいいのかなあ。

その展開は……求めてなかったんすけど!と突っ込みたくなるようなところもあれど、基本的にはよくできた愛すべき作品でした。中学生の(特に男子の)リビドーやバカっぷりの描き方がすごい。
ですが、女性が描いてるということもあり、それが全然可愛らしいんすよねー。男が描くとヘタするとともすれば古泉智浩みたいなことになりかねないですし(まあ、作者さんは間違いなく銀杏BOYZとかのラインを聴いてたと思いますが)。
けれどもリアリティがないということではなく、女性としてそういう、「男のどうしようもないバカさ加減」を可愛いと感じてんだなあという、観察者としてのまなざしを感じました。かつて一色まこと『出直しといで!』なんかで感じたものに似てるかもしれません。

出直しといで!(1) (アッパーズKCDX)

出直しといで!(1) (アッパーズKCDX)

 

男子たちも可愛いんですが、女子も同じぐらい可愛いのがポイントです。最近の漫画でいうと岩本ナオ『街でうわさの天狗の子』の女子たちの会話とかノリって、今どきの女子っぽくてすげー可愛いなーと思うんですけど、それに負けないぐらいキュートで。しかもエロい。表情とかめちゃめちゃエロいですねー。で、その上「男子」をここまで描かれちゃうと、男性作家は立つ瀬なしだと思います。しかも作者さんめっちゃ若いみたいだし。

町でうわさの天狗の子 1 (フラワーコミックスアルファ)

町でうわさの天狗の子 1 (フラワーコミックスアルファ)

 

みんな可愛くてたまらん、て感じでしたが、特にお気に入りだったキャラクターは野球部の(すいません)伴くん。男前で成績も抜群、しかしどうしようもないアホ男子どものアホな振る舞いに憧れているという天然(つまりある意味高度なアホで、かつウブでピュア)、ていうキャラクター設定が最高にツボでした。笑えたし。
やー、俺にも覚えがあります。俺は伴くんのような人気者のイケメンではなかった(そしてまるでピュアじゃなかった)ものの、勉強でも部活でも目立ってはいて、何故か級長とかやっちゃってて、でも優等生な自分はイヤで、という。そうなると下ネタを解放してはっちゃけてみたり、ちょっとアホなことをしてみたり、悪いことをしてみたりと、どうしようもない方向に向かいがちなんすよね……。や、そういうのめっちゃめちゃ楽しかったんですけど。わかるなあ。

他にも、女装が趣味(ゲイではない)の大蔵くんも無闇に可愛く、お陰で皆が女装するシーンもあってとても良かったです(俺的には重要なポイントです)。女装したままチンコを晒すというしょうもなさも、好きな人は好きかも。
女子キャラもまた実にツボな子が多く、伴くんの彼女の早乙女さん(素晴らしいバカップルでした)の感性も可愛かったし、副級長の稲沢さんも愛さざるを得ない感じだったんですが、特に好きだったのは喜多さんの恋バナ。どうしようもなく情けなく、そしてキュンとなる感じでした。良かったなー。何て可愛いんだ……となりました。

でも、やっぱり一番は伴くんっすね。以下は伴くんエピソードのラストシーン。とても良かった。

f:id:shintarawl:20131214025426j:plain

うん、クッソ可愛いっすね!