アニメのはなし

コンバンハ!

僕は基本的にそんなにアニメを見ないんですが、年に1〜2本ぐらいは見ております。最後に見てたのは一昨年の『つり球』江ノ島×釣りDK)と『坂道のアポロン』(ジャズ×DK)なんですが、丁度今も2本アニメを見てるんすよー。ということで、今日はそのアニメのはなしを書きます。ブログ更新モードで頑張っているわけです。

 

キルラキル

去年から継続して見てるのがこの『キルラキル』です。JKやDKがアホなテンションで戦うという、旧態依然としたザ・時代錯誤な熱血ノリを敢えて今に引っ張って来た感じのアニメ。って高校生モノばっかじゃねーか!と思われそうですが、基本的に僕は高校生にしか関心がありません(当然ですよね)。

しかしコレが、実際に見てみると高校生っぽさは皆無だったんですよ。ただ、1話目のノリが「何だコレ。島本和彦永井豪?何なんコレ?」という感じで面白かったので、そのまま見続けております。各話のタイトルが歌謡曲のタイトルになっているとか、そういうのも好みであります。どうも天元突破グレンラガンのスタッフを中心にやってるようです。

3話目ぐらいから「あ、もういいかなー」となったんですけど、なんとなく見続けていたら、途中からまた面白くなってきました。

f:id:shintarawl:20140130220500p:plain

豆知識としては、現在、この黄長瀬紬というキャラクターが(二次元好きの)ゲイ界で物凄い人気を誇っております。このルックスで「服を脱げ」とか変態的なことを口走るのがいいんでしょうか。確かに男前です。一般的にゲイ界では短髪マッチョがモテの王道なのです。

f:id:shintarawl:20140130220552p:plain

が、少年っぽいキャラクターがいないため、僕的にはそういう楽しみ方はもうできないということもあり、萌えとかそういうのは関係なく、個人的にいちばん好きなキャラクターはコレになっています(満艦飾薔薇蔵)。コイツが出てくるだけで笑っちゃう。最高だ!

しかし、最新話を見た限り「最もアツいのはガママコだぜ!」という認識に至ったため、今後はそこを楽しみに見てゆきたい所存です。

 

スペース☆ダンディー

で、もう一本がコレ。なんとDKモノじゃないんスヨ!スペオペ(『無責任艦長タイラー』とかそんなん)が好きで、そして渡辺信一郎を筆頭に『カウボーイビバップ』のスタッフが集結(通貨単位はウーロン!)ってこともあり、以前より楽しみにしておりました。

内容的には既に「ツマンネー!」となってる人も多そうな予感ですが、激しくくだらなく僕的にはやはりツボでした。最新回のゾンビ話を見て余計にハマッた感じっすねー。「つづく」とか出ても結局全然続いてねえし!な無責任な各話完結スタイルが良いです。どんなにとんでもないことが起こっても、基本的に次回には持ち越さないという古き良きギャグ漫画スタイル。このムチャクチャ加減なら、最後はどういう方向に転がってもおいしいはず。シリアス要素が入って来るかどうかがひとつの見どころですね。


TUCKERだのDOKAKAだの向井秀徳だの、音楽の参加面子が照れ臭い感じになっているのはご愛嬌ですが、主題歌の岡村靖幸は文句なくサイコーっすねー。コレがド頭に流れるってだけでテンション上がります。Hot Chipリミックスとか聴いてみたい。あー、小学生の頃は岡村ちゃんマジでキモいと思ってたのになあ……。

しかしマジでサブカルホイホイっすわ。テレビブロスの表紙が本当に似合う。岡村ちゃん×ダンディ。

f:id:shintarawl:20140130220538j:plain

主人公のダンディです。彼は20歳だそうですけど、どう考えても27ぐらいのアラサーキャラなので設定を改めて欲しいです。

でも、基本的にああいう軽薄で好色な主人公は好みです。ほっそりした手足の長いシルエット、かっこいいすよ。ああいうスタイルに生まれたかった!で、わかりにくいタイプの男前ってのもいいですよね。総じて売れる前のウルフルズトータス松本みたいな感じっすよね(と、急に憧れられない感じに)。

関係ないですが、彼氏くんに『カウボーイビバップ』を全話見せたことがあるんですけど、スパイクかっこいいよな!て話になるかなーと思ったら「ジェットかわいい!」と言われてエッてなりましたし、エッて言いました。

f:id:shintarawl:20140130220700j:plain

ツルピカ親父っすよ、ツルピカ!安心して禿げられますわ。

じゃあの