読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無料キャンペーンの途中報告

KDP

無料キャンペーン、順調にDLされております。どうもありがとうございます。今までは5〜7位ぐらいまでって感じだったんですが、最高3位に到達できました。とはいえ、僕の扱ってるテーマはニッチですし、決して万人受けする作風ではありませんので、DLして下さった方の中に波長の合う人が少しでもいてくれたらいいなあ、という思いです!

 

拙作『天使たちのシーン』は、小沢健二の同名の曲のタイトルを拝借しました。

小沢をよく知らない人からすると、ふうん、て感じだと思いますが、知っている人からすると「あの曲のタイトルを使うなんてだいそれたことを!」ぐらいの名曲だったりします。やー、我ながら畏れ多いことをしとるなーと思います。

この曲を初めて聴いたときはまだほんの子供で、中学、高校、大学と聴き続けてきましたが、大人になるにつれ自分の内奥にすうっと染みるようになってきました。


小沢健二 - 天使たちのシーン [Live ver.] - YouTube

僕は詩人としての小沢健二が好きです。この曲の歌詞もすばらしいんすよー。特に「神様を信じる強さを僕に/生きることをあきらめてしまわぬように/にぎやかな場所でかかりつづける音楽に/僕はずっと耳を傾けている」のフレーズには何度心を震わせたかわかりません。学校の屋上とか、パーティーからの帰り道とか、春の海辺とか。

この曲をどう聴くかは人それぞれだと思いますが、僕はさまざまな個人的な経験から強い思い入れが生まれてしまったのもあり、もうある種の私的なゴスペル、あるいはソウルミュージックと化してしまっております。作品とガッツリリンクしているわけではないですが、ぜひ聴いてみてください!美しい人生賛歌です。

 

えーと、オマケにもうちょっと。このお話は決して音楽小説ではないんですが、ちょろりちょろりと曲名が登場します。


Curtis Mayfield - Tripping Out (Slayd5000) - YouTube

作中で登場する、カーティス・メイフィールドのこの曲は、"天使たちのシーン"の元ネタとなった曲です。元相方・コーネリアスの"Bad Moon Rising"という曲もコレが元ネタですし、山下達郎の"あまく危険な香り"もそう。久保田利伸もサンプリングしてますし、とにかく色んな人がネタにしてる名曲ですねー。

良曲がたくさんある人ですが、この曲は特に好きです。日本人的にはスポーツニュースか何かで使われてた"Move On Up"(カニエ・ウェストが"Touch The Sky"でサンプリングして大ヒットしたりも)が有名なのかな? 個人的には"No Thing On Me (Cocaine Song)"がお気に入りです。イントロからやられます。きらめきに弱い!


New Order - Bizarre Love Triangle Music Video ...

この曲も登場します。マッドチェスター、セカンド・サマー・オブ・ラブってやつです。アニメ好きの人だとエウレカセブンって感じなのかもしれませんねー。僕はアニメはあんま詳しくないですが、エウレカはファクトリー周辺のキーワードを乱発していたので見ていました。内容はあんまり関係なかったですけど。僕の作中でも、"ビザール・ラブ・トライアングル"というタイトルを使いたかっただけ、ぐらいの扱いではあるんですが、エヴァーグリーンな名曲です。

 

と、ちょいちょい音楽の登場する小説です。ベニー・シングスの曲がカーラジオから流れるシーンがありますが、曲名は出していないものの、この曲のイメージでした。


Benny Sings feat. Urita - Blackberry Street (2007 ...

実にどうでもいいエントリでしたが、引き続きどうぞよろしくお願いいたします!