読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オススメのKindleコミック

雑記

コンバンハ!

今日はSLEEPING BAG的オススメKindleコミックのご紹介です。

角川Kindleセールのときにオススメを書いてみたところ、割と喜ばれたので定期的にやってみようかなーと。というか実際にDLされた方もかなりいるようでオドロキです。さっそく感想ツイートをしている方も結構見かけましたし、僕の著者セントラルに並ぶ作家名にも三羽省吾池上永一打海文三なんかが入ってきてましたし。

ということで、いきます!

最近Kindle版があることに気づいて即購入。

以前は高校野球漫画も結構読んでたんですが、最近は『おおきく振りかぶって以外はもういいや、て感じになっちゃったんすよねー。『ラストイニング』など途中で放り投げちゃった漫画も多数ですし、『ダイヤのA』とか『弟キャッチャー俺ピッチャーで!』とかもまったく読んでません。

で、もう試合とかそういうのなくていいから、ただただ野球部の愛すべきおバカな日常を描いてくれる漫画があったらなー、てとこに『高校球児ザワさん』が登場して、これは好きで読んでたんですけど、この『野球部に花束を』は俄然『ザワさん』より好きな感じ。このまま下ネタやエグいネタをあんま交えず、シリアス要素も特に織り交ぜずに、たまにホロッとさせるぐらいのラインで続けてくれたら最高だなーと期待してます。まだ2巻までしか出ていないので追っかけやすいですよ

でもザワさんも結局面白いです。西東京の高校で、拙作ナイン・ストーリーズ』とほぼ同じロケーションなんですよね。こちらは完結しており、巻数もそう多くないのでオススメです。女性作家ならではの目線とフェティッシュが炸裂

ついでにコレも。もうオススメするまでもない感じですが、現在99円なので。やー、いつの間にか花井くんが可愛いと思えるようになりました。だってこいつら10年も高1やってるんすよ。歳がどんどん離れてくんでしゃーないっすよ。淡々と読み続けんだろうなーと思います。

そういやー、うちのはコレが大好きみたいです。大介くん(この表紙のキャラ)に恋をしてるんすね。同じ球児好きでも僕とは目線がだいぶ違うんだなーと感心します。なお、コレは2巻ですのでご注意を!

と、連想ゲームでポンポン載せちゃいましたが高校野球モノはここまでで。高校野球モノじゃなければ『グラゼニ』とかは結構面白いかも。高校野球で『グラゼニ』的な異色作が読みたい方には『実録!関東昭和軍』がオススメであります。

若さでムンムン

若さでムンムン

 

Kindle版が出たよー!

コレは俺が初めて読んだゲイ・コミックです。同人誌というものも読んだことがなく、本当に初めてだったはずなんですが、最初に読んだのがコレで良かった。ゲイ・コミックだけどセックス!セックス!みたいな感じではなく、漫画としてのクオリティがとても高かったので、割とスッと受け入れられたというか。

ただ、それでもビックリはしましたねー。可愛い男子が描かれたポップな表紙を本屋でたまたま見かけて、帯に雁須磨子志村貴子の名前があったから買ったんですよ。なのに中身は結構ゴツいキャラの性器ボーン!変態プレイボーン!みたいな感じだったので。でも、山田さんの漫画はすごくいいんですよ。漫画なんですよ。幸運な出会いでした。

以前も紹介しましたが、流れで雁須磨子さん。この人の本も割とKindle版が出ています。全部が全部、大好きだ!という感じではないんですが、好きなものはものすごく好きで、これもその一冊。BLらしいBLが苦手な僕にピッタリなラインです。というか、僕の内にある世界にびっくりするほど近いなー、という作品にたまに出会うんですよねー。

僕の好きな『猫が箱の中』や『のはらのはらの』、『どいつもこいつも』『こめかみひょうひょう』なんかはKindle版がないんですが、DK3人の関係を描いた『ひな菊』もなかなかいいですし、『ピクニック』に収録の『あこぎなたましい』『ぎゅんぎゅんのこころ』も好きです(コレはちょっと、的な作品も収録された作品集ですが)。『連続恋愛劇場』の『ことのしだい』も好きだなー。

ですがまず、この『いちごが好きでもあかならとまれ。』をぜひ。一冊で完結してます。

誰がそれを ?田中相短篇集?

誰がそれを ?田中相短篇集?

 

ここから、近年の嬉しい出会いシリーズです。この本は全体的に好きなんですけど、おっさん×女子高生の話が好きですねー。JKが可愛過ぎて。って、僕の好きなハナシの構図のひとつとしてそれがあるんだと思います。他の作品もオススメですが、今のところこれがベスト。絵柄も可愛い。『千年万年りんごの子』も売れてるみたい。

森山中教習所 (ビッグコミックス)

森山中教習所 (ビッグコミックス)

 

ここ数年の嬉しい発見としてはこの人も。男子感があって繊細で豪放で映画的。ツボでした。あんまり前に紹介したのとカブるとアレなので『フンカ祭』ではなくこっちで。でも大体好きです。

ぼくらのフンカ祭 (ビッグコミックススペシャル)

ぼくらのフンカ祭 (ビッグコミックススペシャル)

 

と思ったけどやっぱりリンクします(あれ?)。愛しいよー!

虫と歌 市川春子作品集

虫と歌 市川春子作品集

 

この人のはもう全部独特な世界観でオモロイですが、この本にはおそらく世界で最も透明な高校球児たちが登場します。しかしながら、装丁が美しいので紙の本をオススメします。『宝石の国』もキラキラしてます。

水域(上)

水域(上)

 
水域(下)

水域(下)

 

コレに登場する澄夫くんを超える愛しいキャラクターに久しく会っていません。なんつーか、澄夫くんと人外の世界を漂流してえ、て思いましたからね(変態)。『海獣の子供』の海くんはある種のイデアかもしれませんが、やっぱ人間離れし過ぎてるので、どうせ人間離れしているなら澄夫くんのベクトルがいいなと感じました。もちろん真顔で書いてます。

海獣の子供(1) (IKKI COMIX)

海獣の子供(1) (IKKI COMIX)

 

てことで一応コレも。えのすいに行く度に「僕は海。君は?」と海獣ごっこやってました。『リトル・フォレスト』がまさかの映画化。

羽衣ミシン (フラワーコミックスα)

羽衣ミシン (フラワーコミックスα)

 

コレも好きな漫画エントリで紹介しましたが、Kindle本として改めてご紹介です。陽一くんはパーソナリティー的にはもう好み過ぎてキュンキュンします。そういう目線でのご紹介ばかりですいません。でもたぶんみんな陽一くん好きだと思うんでDLしてください。

光の海 (フラワーコミックスα)

光の海 (フラワーコミックスα)

 

小玉さんはこの短編集もすごく好みです。最新作『月影ベイベ』もKindle版があります。

竜の学校は山の上

竜の学校は山の上

 

九井諒子さんも今をときめく感じ。全部Kindle化されてますね!

さきくさの咲く頃

さきくさの咲く頃

 

この本によって僕のネタストックが1本ボツになりました。男2、女1の話だったけどあまりにもカブッてて、しかもこんな風には書けないしダメダア!と。

三文未来の家庭訪問 庄司創短編集

三文未来の家庭訪問 庄司創短編集

 

設定とかいちいちツボでした。 今後どんな感じのモノを描かれるのか楽しみッス。どんどんコメントがいい加減に。

最近完結。途中から読んでないのでまとめ読みせねばー。瞬ちゃんはDK時代のNSKDこと錦戸亮がハマると思うんすけど、どうでしょーか。JKどもの可愛らしさ、愛しさが素晴らしいです。

ていうかフラワーズって改めてすごいラインナップですね。俺は小学館チルドレンや……。

日常(1) (角川コミックス・エース)

日常(1) (角川コミックス・エース)

 

やっぱコレめちゃめちゃ面白いっす。

のらみみ(1) (IKKI COMIX)

のらみみ(1) (IKKI COMIX)

 

なんか今、ふと思い出しました。アニメも良いです。

と、思いつくままにリンクしましたが、今日はこんなところで。次は過去に紹介してない系でいきたいと思います。

じゃあの