読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もしも人文系ゼミの教授がガチホモだったら(創作BL)

雑記

こんばんは。twitterでちょろっと試したところ一部の方に好評だったので、今日は星井さんメソッドをちょっと真似つつ、かつ極めて狭いターゲットに向けてBLを書くという試みをしてみました。

もしも人文系のゼミ教授がガチホモだったら、というテーマです。では、どうぞ!

------------------------------

男子学生は悲痛な叫びをあげた。「そ、それは無理です!」

教授の双眸に酷薄な光が宿った。「そうか。ならば単位はやれないよ」

無数の本で埋め尽くされた薄暗い教授室。対峙するふたりはとある人文系のゼミ、その教授と教え子である。学生の足もとには渾身の論文が無惨にも四散している。十数秒前、勢い良く顔面に叩き付けられたものだ。

「ご自分のおっしゃってることがわかっているんですか? ……僕は、そんなのは嫌です!」

しかし教授はにやりとし、学生の耳もとでそっと囁いた。

「ほう? そうは言っても君のポールはもうこんなにヴィリリオじゃないか」

「くっ……」学生は屈辱に顔を顰めた。反射的に全身の力が抜け、ぶらりと腕が垂れ下がる。

「ふふ。それでいい。聞き分けのエーコでパスカルよ。さあ、三本目の葦を見せてくれたまえ。まずはそのシャツの裾をマクルーハン

流麗に紡ぎ出された人文系キーワード、その見事なコンビネーションに学生は目を見張った。

(メ、メタファからのインターテクスチュアリティー……! いや、これは慣習的な言語コードにおける制約からの解放……? い、いずれにせよ教授は本気ってことだ……。これでは、抵抗をしたところで……!)

やむを得ず、男子学生は自らの服を脱構築。すかさず教授も脱構築。スーツ姿の際には随分と華奢に見えていたのだが、その体格は意外にもガダマー(若者言葉)だ。

つと、教授は誇らかに言い放った。

「ところでこれを見たまえ。こいつをどう思う?」と、股間でブランショしているデュルケームバフチンを指差す。それは、かのフォルマリストたちも仰天の見事なフォルムであった。

もう、正直に応えるしかなかった。「すごく……、デカルトです」

「だろう、フフフ。では、始めようじゃないか。迷うことなどない、それでマルクスおさまるのだから」

学生は我が身のフーコーを呪った。ああ、俺は何故こんな教授のもとについてしまったのだろう。立派な方だと心底尊敬していたというのに、まさか彼にこんなダーク・サイードがあっただなんて。

(それにしたって、教育者がこんな卑劣なことを口にするだなんてアリストテレス? こんなことが現実にアドルノかよっ……! ルソーだろ……? 誰か、ルソーだと言ってくれッ……!!)

しかし幾ら心中で嘆こうとも、これは紛うことなき現実なのであった。学生はすっと瞼を落とした。

(そうだ、この残酷で無慈悲な世界には何だってアンダーソン……)

抗う術を失った少年兵さながらに、学生は力なく跪いた。ふふ、教授が満足げにほくそ笑む。

「ははは、ソシュールのが賢明だよ。望み通り、君をメタメタにしてあげよう。さあ、まずはその可愛い口でパロールとやってくれたまえ」

学生は意を決し、まだプラトンしたやわらかなバフチンガブリエル・マルセル。すると一気にマックス・ヴェーバーだ。非常にガタリ。

「ほうら、こんなに奥までハイデッガー

教授が嗜虐的な態度をあらわにする。眉根に皺を寄せ、学生はただ耐えた。そう、これは単位を得るための代償なのだ。耐えろ。耐えるんだ……!

「さあ、次はこっちだ!」

「あっ!」知らずして大きな声が洩れていた。「そ、そこはダメット……!」

「ふふ、君もなかなかのスピノザじゃないか」と、容赦なく教授は激しいレヴィ=ストロースで学生のアウラボードリヤール

「も、もうムリです、教授! ウィ、ウィートゲンにシュタインっ! ……うああっ!」

「はっはっは、そうはラカンよ。いや、『そうはいカント』の方が良かったかな?」

「ああっ、本当にムリですっ! もう、シ、シニフィエです……!」

「そうかね? 君のメルロ=ポンティはまだまだバタイユ?」

「ううっ、せ、せめてもっとユングり……! これじゃあ気がクリステヴァッ!」

しかし、もはや教授の耳には何も届いてはいなかった。

「くうっ、アナクシマンドロスが非常にシミュラークルーーーッ!!」

「いっ、イデア!! ああっ、アガペーーーー!!!」

そして、ふたりはキルケゴールに達した。

遅れて、荒い吐息だけが薄暗い部屋にそっと響く。

「はあ、はあ……、最高のエルゴスムだったよ」

「…………うっ、うっ」

沈黙を破くような吐息に嗚咽が入り混じった。すると不意に、教授の顔色が変わった。

「…………乱暴なことをしてすまなかった。しかし私は、君のことがずっと、ノーム…………」

そこで教授のことばは途切れた。続く懺悔を呑み込むかのように口もとが固く引き結ばれる。

ハッとして、学生は面を上げた。ごくりと唾を呑み込む。

(ノーム……? 今、そうおっしゃいましたか……?)

だが、ふたりの視線は絡むことがなかった。教授がその顔を背けたからである。

学生は険のない無防備な声でつぶやいた。

「………………ノーム・チョムスキー?」

あなたは、そうおっしゃりたかったのですか。そうなのですか? だとしたら。だとしたら……!

教授は何も言わなかった。静かな足音、そして昂揚と後悔の余韻を残し、ゆっくりとその場をサルトル……。

(FIN)

------------------------------

雑ですいませんでした。途中で飽きてすいませんでした。人生で初めて書いたエロ(?)です。全体的にすいませんでした。
次回はマンチェスターのバンド(おマンチェ)でBLをやります(うそ)。

現代思想の冒険 (ちくま学芸文庫)

現代思想の冒険 (ちくま学芸文庫)