読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2013年の有料DL数ベスト10

やー、2013年も終わりっすねー。5月にKDPに参加してから、半年ちょっと。今日はその間の有料DL数ベスト10を発表してみます。計期間は5月分から12月26日まで。正直ナイン以外はDL数を全然把握していなかったので、自分でもちょっとした発見がありました。では、誰得ではありますが、以下が拙作のベスト10になりまっす!

ナイン・ストーリーズ -球児九人夏物語- side A

ナイン・ストーリーズ -球児九人夏物語- side A

 

1位はダントツでこちらでした。先日行った初の無料キャンペーンで4桁近いDLが得られたこともあり、頒布数でも一気に1位に。このまま伸びてくれたら嬉しいなあ、というところです。キャンペーン後も淡々と売れ続けているので、やはりきんどうさんの一斉キャンペーン祭の影響は凄いなあと実感中。

コレが拙作の中でいちばん売れた理由はというと、間違いなく村田ポコさんのイラスト、すなわち表紙の力でしょうねえ。つんどく速報さんで五つ星レビューをいただいたりきんどうさんでインタビューをいただいたりと、あちこちで露出があったことも大きかったかもしれません。twitter経由の口コミ、書評サイトさんでのご紹介と、皆さんのお力添えもすごくありがたかったです!

ちょうど1年前にアイデアが浮かび、この作品をリリースするためだけにKDPに参加したわけですが、思いのほかKDPってすごい!と感じましたねー。

ナイン・ストーリーズ -球児九人夏物語- side B

ナイン・ストーリーズ -球児九人夏物語- side B

 

2位はこちら。なお、Aをご購入下さった方がBも合わせてDLしてくれた率は85%で、個人的にはものすごーくホッとしました。発売する前は「Bがまったく売れなかったらどうしよう……」と不安でたまらなかったので。

ちなみにこのsideBに関しては当初の予定通り、今後も無料キャンペーンは行いませんー。

天使たちのシーン

天使たちのシーン

 

3位はナインと平行して書いていたこちら。10月に無料キャンペーンを行った後、レビューをドッといただけたことが大きかったのかもしれません。僕的にも大事な作品なので、250円と高めの価格にも拘らずの3位は嬉しいです!しかし意外と売れてたんだなあ、とびっくり。

本作の無料キャンペーンは1回きりと明言してしまったため(ちょっと後悔っす……)、今後は有料配信のみになります。表紙をイラストにしたいなーと考え中。

セカンドサーブ

セカンドサーブ

 

4位はこちら。2012年、文フリのために書いた作品。途中で表紙を僕が描いたイラストに変更したのですが、そこからまた伸びたので、表紙の力は大きいんだなとしみじみ痛感。これはまだ無料キャンペーンは行っていませんが、そのうちやるんじゃないかなと思っております。いつにするかは決めないんですけど。

ちなみに、こちらの主人公はナインの宗匡パートにちょろっと登場しています。

アフター・ナイン・ストーリーズ

アフター・ナイン・ストーリーズ

 

5位は最新作、ナインの続編でした。これも250円本。今月発売したばかりなので、このまま順調にいけば来月中には3位に食い込むかなあと見ています。sideB同様、無料キャンペーンは行わないつもりです。あとほんのちょっとで総合100位に入れそうでしたが、ギリギリ届かずだったので、今後の目標にしたいと思っております。

ナイン本編はたくさんのご感想をいただいたのですが、このオマケ続編についてはあまり感想が届いてないのでまだちょっぴり不安っす。かなり二次創作ノリなのもあって。大丈夫だったかなあ……。

ア・ピース・オブ・ケイク

ア・ピース・オブ・ケイク

 

6位は99円の短編集でした。コンスタントに売れていたので、とっかかりとしてサンプル的にDLをして下さった方が多いのかなーと思います。本当にサラッとお遊びで書いた習作ばかりのため、この作品で「晋太郎ってこんな感じかー」と思われるのは困るなあと思いつつも、下げずに出しっぱなしにしてしまいましたねえ。せっかく書評サイトさんがレビューを書いて下さったんだから、という思いもありました(初めていただいたレビューだったこともあり、とても嬉しかったです!)。

さよなら、スピードスター

さよなら、スピードスター

 

7位はこちら。10月発売にも拘らず7位なのは、「表紙がイラストだったから」に尽きるのかなーと思います。短編で250円ってKDPでは高めですしねえ。これも無料キャンペーンはやっておらず、今後も未定。なんというか、コアな読者の方向けという気持ちでいてます。

なお、これもナインと平行して書いていたモノで、本作の舞台となる野球部はナインの「都立日昭高校」に敗退します。

サンキュー・マイフレンド

サンキュー・マイフレンド

 

8位は、計5日間も無料キャンペーンを行った『サンキュー・マイフレンド』(結局、僕はきんどうさんのお祭り以外ではほとんど無料キャンペーンを行いませんでしたねー)。この友情モノの作品をキャンペーンで強く前に出したのは、当時は「同性愛ネタの本は避けられるのでは?」と思っていたからでした。生理的にNG、という方が多数いるのは当然ですし。ですが、同性愛を前にボーンと押し出した『天使たちのシーン』のキャンペーンが2日間で850DLとかなり伸びたため、「あ、全然そんなことないんだ!」と驚きました。

こちらの主人公たちはナインの源太パートに登場します。2011年の文フリに出した初期の作品ですが、この作品で作風が固まった感がありますねー。文フリガイドブックの第一号に載せていただいたのも大きかった。

立ち止まる猫

立ち止まる猫

 

9位は2011年の作品、99円本の『立ち止まる猫』。習作と明記してあること、表紙がなんだかよくわからん(しかもちょっと怖い)ことであまり伸びなかったのかなーと思います。個人的にはかなりお気に入りの作品ではあるので、いつかしっかり推敲して、表紙も変えて再リリースしたいと考えてたりします。

卵の中から

卵の中から

 

10位は同じく99円の習作本『卵の中から』でした!2012年の作品。無料キャンペーンもやってないんですが、この辺はむしろ常時無料にしたいくらいっすねえ。気軽な気持ちで読んでいただけたらなーという一本です。

このお話は『サンキュー・マイフレンド』と同じ中学校が舞台。

----------------------------------------

と、ベスト5のうち4作が250円ということで、KDP本は99円だろうが250円だろうが読み手的にはあんまり関係ないのかな?という気がやはりしました。

にしても、表紙の力は本当にでかいということがよくわかるランキングになりましたねえ。そしてAmazonレビューの有無もやはり相当に大きそう。なので、もしもお気に入りの作品がありましたら(これは僕の作品に限らずですが)、是非レビューをいただけると嬉しいです!僕も何気にレビュー童貞なんですけど、応援したい作家さんの本には積極的につけていかねばなーと思っております。来年は頑張ってみよう。

ともあれ、ご購入をいただいた皆さん、本当にありがとうございました!ストックを出し尽くしたため、来年はあんまり動きがないかもしれませんが、マイペースに精進してゆきたいと思っています。技量としてはまだまだ駆け出しレベルですし、はよ巧く書ける人になりたいっす……。どうぞ、今後もよろしくお願いいたします!よいお年を!